びわ茶が通風にも効くって本当!?

プリン体という言葉を最近よく耳にするようになりました。これは痛風の原因と言われている物質です。

 

レバーや魚卵、干物、甘いジュース、マグロやカツオなどがプリン体が多く尿酸を増やしてしまう原因とされています。これらを絶対に摂取してはいけないというのは正直難しいでしょう。

 

そのため、どうしたらいいのか対策を考えればいいわけです。

 

簡単にできる痛風対策

 

水分補給

簡単にできるものはやはり水分補給でしょう。

 

糖分の入っていないお茶(杜仲茶、どくだみ茶など)コーヒーがいいとされています。その中でびわ茶もデトックス効果が強いものですから痛風対策にもちろんなりますよ。

 

ぜひ積極的に飲んで尿酸値を下げましょう!

 

尿酸値を下げる食品

また尿酸値を下げる食品も検討の価値がありますね。緑黄色野菜や海藻類、大豆食品がアルカリ性の食品となるので覚えておくといいでしょう。

 

簡単な覚え方としては肉類が酸性、野菜がアルカリ性ということです。肉を食べてはいけないわけではなく、野菜も一緒に食べればオーケーということなのですね。

 

痛風対策!ここも抑えておく必要がある

 

運動

もちろん運動も必要です。肥満になると尿酸が体にたまりやすくなるので痛風になりやすい体になってしまいます。

 

運動しながらお茶で水分補給すれば自然と尿酸が外に出ていくといった流れができます。

 

アルコールを控える

アルコールも大量摂取はプリン体を増やすもととなります。

 

お酒を飲んではいけないというわけではなく、適度に飲んで一緒に食べるおつまみを控えめにということですね。ビールがよくプリン体を増やすと言って騒がれていますが、ビールよりも圧倒的におつまみの方がプリン体が高いので注意が必要です。

 

まとめ

食事とアルコール、運動に気を付けながらびわ茶を飲む習慣を取り入れることでより効率よく尿酸値を下げて痛風予防になります。

 

ノンカフェインなので寝る前に飲んでも問題ありませんし、いつでも気づいた時に飲んで健康管理できたらいいなと考えてみてください。毎日の運動とびわ茶で少しずつ尿酸値が下がっていくはずです。根気強く続けてみましょう。

関連ページ

びわ茶の副作用?びわ茶を飲んで下痢になることあるの?
びわ茶はそのデトックス効果が強いことで知られています。そのため、胃腸が弱い方には少し強いかもしれません。その場合は薄めて飲むか、無理に飲まない方がいい場合もあるでしょう。万が一、体質に合わない場合は飲むのを中止してください。
びわ茶は子供のあせもの改善効果もあるの?
子供の肌はとてもデリケートなので汗をかくとかゆくなってあせもが出来ることも。びわの葉のエキスにはこのかゆみを抑える働きがあります。しかし、原液を肌につけることに抵抗がある方はお茶を試してみるといいでしょう。