びわ茶は子供のあせもの改善効果もあるの?

びわ茶には肌荒れ、アトピー、あせもなどに効く成分が数多く含まれています。

 

代表的な成分は

  • タンニン
  • サポニン
  • クエン酸

です。

 

タンニン

タンニンは腸内環境を整え、毛穴をひきしめる効果、美白効果、下痢を改善する効果、抗酸化作用などがあります。

 

ただし、当サイトで紹介している「ねじめびわ茶」には、タンニンは含まれていません。

 

サポニン

サポニンは冷え性改善、殺菌、抗菌作用、抗アレルギー作用があります。免疫力アップにもなるので様々な病気から体を守ってくれます。

 

クエン酸

クエン酸は疲労回復効果、血行改善、アンチエイジング効果、美肌効果があります。新陳代謝がよくなるので肌荒れに悩む人におすすめですね。

 

肌に直接びわ茶を塗ったら?

肌に直接お茶の成分をつけるという方もいますが、肌が敏感な場合は刺激が強い場合もありますので、まずはお茶として飲んでみるのがおすすめです。

 

特にびわのアレルギーがなければ、お茶の葉をお風呂に入れてみてもいいですね。

 

体質改善には時間がかかります。あせも体質の子供は、特に胃腸が弱かったりする場合があるのでお茶を飲みながら食生活や生活習慣も見直してみましょう。

 

お通じが悪いときはびわ茶を飲むと改善していきますので、お通じが良くなることにより、肌荒れも治りやすくなるはずです。

関連ページ

びわ茶の副作用?びわ茶を飲んで下痢になることあるの?
びわ茶はそのデトックス効果が強いことで知られています。そのため、胃腸が弱い方には少し強いかもしれません。その場合は薄めて飲むか、無理に飲まない方がいい場合もあるでしょう。万が一、体質に合わない場合は飲むのを中止してください。
びわ茶が通風にも効くって本当!?
痛風の原因といわれるプリン体は様々な食品に含まれていて全く摂取しないというのは困難です。そのためプリン体の多いものを避けるか、尿酸値を下げる食品を摂取したり、水分で尿酸を外に出すといった対策が必要になります。